一般社団法人らふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/8(火)ご相談

<<   作成日時 : 2019/01/09 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



年末に年明けに検査結果がわかるので・・・


と言っていた患者さん。

今、診察が終わりました〜ということで、

「サロンにいるから、良かったら来る?」と連絡をして、

そのままやってきました。


腫瘍マーカーの数値が上がっていたので、

新薬を提示されていて、それをやるのか?やらないのか?

というところで迷っておりました。


が、数値が下がっていた、ということ。


あら、いいじゃないの〜

何も痛みだとか、ほかに症状もない・・・

で、セカンドオピニオンをするか、しないかの話になりましたが、

結局、もう少しこのまま様子を見てもいいかも・・・ということになり、

保留に。


でも、「セカンドオピニオンに行きたいので紹介状を」と言っちゃった!


取り消せる?なんて患者だ!と思われない?


って心配になりますよね。



「大丈夫!今から電話しよう!」


ってサロンからпB

あっさり話も通じて、簡単に終了。



あ----来てよかった!



ってほっとして笑う。



そう、なんてことないことも、

こんなこと、言っていいの? とか、

セカンドオピニオンって先生の気を悪くするんじゃないの? とか

思いますからね。



でも、大丈夫。

自分の心配事や、思っていることは口に出していいですからね。

言いにくければ、話しやすい看護師さんや事務や受付の人に

ちょっと聞いてみたり、相談してみたらいいですよ。

話しやすい人を見つけることがコツかな?

ま、前回も書きましたが、「相談支援センター」の活用も大事です。


抗がん剤治療をやってる人は、化学療法室の看護師さんとかね。

乳がん看護認定看護師がいるところもあるし、

「看護外来」があるところもあるので、利用してみてください。



らふをご存知の方は、どんどんらふを利用して下さったらいいですよ〜

どんな時にセカンドオピニオンを利用すればいいか、タイミングもありますからね。

抗がん剤を変更する、新しい治療を始める、という時にちょっと迷うな〜ってことがあると思うのですが、

そんな時に「腫瘍内科」の受診、セカンドオピニオンを利用するのがいいかなと思うのです。

「腫瘍内科」は、「内科」で、抗がん剤のプロ だと思ったらいいかな?

そこで、自分の提示されている治療について、ちょっと相談する、っていうのも迷った時にお勧めしています。

もちろん、迷わず決められたらそれに越したことはない。

少し違う意見を聞いてみる、というのも一つの方法です。

セカンドオピニオンは、病院によって金額が違うので、聞いてくださいね。

結構高額です。

3万円+消費税 とかですからね。

なので、セカンドオピニオンを受ける方がいいか?ってことも

相談出来たらいいと思います。

主治医の先生にも聞いて見られてもいいかと思いますよ。

言いにくい、ってことはとってもよくわかりますけどね。

だからこそ、話しやすい看護師さんや相談員さんがいればいいなと思うのです。

コミュニケーションをうまく取れたら、治療もずいぶん違いますからね。


この患者さんも、いっぱいいろんな不信感を持っておられましたが、

らふでいろんな話を聞いて、自分から話す、聞く、ってことをされるようになりました。

そしたら、ずっと病院との関係も良くなって

家で過ごす気持ちも軽くなったと話してくださいます。


本当に、らふに来てくださる患者さんたちはみんな、生きるのが上手になってきました。

素敵な患者さんばかりです。



さ、またぼちぼち行きましょう〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/8(火)ご相談 一般社団法人らふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる