10/5(土)若年性乳がん独身者の茶話会

写真は撮り忘れましたが・・・


この日は二人患者さんがお越しになられました。

若年性ではありませんでしたが、

独身者であり、乳房を切除したその後をどう考えているんだろう?と。

女性の象徴である一部を切除せざるを得なかったことで、

今後もし、お付き合いしたい、結婚したい相手が出来たら・・・


お二人の考え方は、それぞれ違っていました。



「乳房が無くなったら、やっぱり女性として認めてもらえないんじゃないか。

それで、相手が逃げて行ってしまうような気がする」



「私はもしこれから一緒に生きていきたいという人が出来たら、

その人には、今の乳房のない自分まるごと受け止めてほしいと思うし、

そんな人でないとこれからを一緒に生きていけない気がする。

逃げてしまう人もいるだろうけれど、

受け止めてくれる、そんな人はきっと世の中にはいると思う。」



それぞれ話されました。


人が大事に思うこと、

こだわりは、それぞれ違う。



自分に出来ても、その人にとってできないこともあるから、

どっちがいいとも言えないし、悪いとも言えない。



私は、人として好きになって、一緒にいたいと思ってくれる人が

現れたらいいなと願う。

人として、素敵な人はどんな人も尊敬できるし、本当に素敵だから。


つまんないことにこだわらない。

これから病気以外のことで乗り越えなきゃいけないことが山ほどあるなら、

一緒に笑顔で超えていける人がいいですね。



いい出会いがあればいいな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント