11/14(木)松原市教育委員会学校保健会にて「がん教育がなぜ必要なのか?」講演

IMG_1217.jpg

「がん教育がなぜ必要なのか?~体験者として患者、家族を支援して思うこと」

と題して、お話させていただきました。

80名ほどの半分は、地域の開業医の先生だったそうです。

あとは、小中学校の先生、養護教員の先生方。


90分という長い時間の話だったので、

どうだったのだろう?

お声掛けくださったあるお医者様は、乳がん検診をされている

先生だったようで、とても貴重なお話を聞かせて頂きましたと

お話に来てくださいました。


また、終わってから、ご自身の家族のことでご相談も。

みんな、やっぱり周りに治療中の家族がおられたり、

きっとご自身が体験者だったりした方もいらしたのではないかと

思ったりしました。


私は、ちょうど8月の「がん」の市民塾の時に聴講してくれた

看護学生の感想をお伝えしたり、

らふ会員の体験談をいつも会報に掲載しているのですが、

今回はたまたま息子さんにどう伝えたか?

その時自分は、ご主人は、息子さんはどうだったか?

を書いてくれていたので、それを読ませていただきました。


いつもあっけらかんとらふへ来てもお話してくれる、面白い人なのですが、

今回の体験談は、恐らくみんな涙を流したのではないかなと

そう思う、家族の情景を描いてくれていました。


こんな家族もいましたよ


という一つの例えですが、

先生方、医療者にとっても参考になったのではないかと思っています。



何かのお役に立てていたらいいな、と思っています。



帰りには、娘のところへ行って、孫に癒されて帰ってきました。

IMG_1212.jpg

まだ6か月にもなってないのに、ハイハイをして、つかまり立ちもはじめて、

8ヶ月くらいになったら走ってるんじゃないのか?と思ってしまう成長ぶり。

はやいわ~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント