12/18(水)模擬患者として、らふ会員5名が看護学校の演習に協力しました~

IMG_1568.PNG

泉佐野泉南医師会看護専門学校で行われた看護演習に、

リアル患者が、模擬患者として協力してくれました。

IMG_1567.jpg

IMG_1564.jpg

実習室があり、病室さながらのカーテンで仕切られ、

ベッドや点滴、車いすもあり。

患者Aとして、がんの手術後3日目の患者を演じます。

始めはちょっと緊張している様子でしたが、

何人もやっていくと、見事な女優魂を発揮。

痛そうにする、つらそうに動く、そして、ちょっと焦らせたりもする。

学生は、それぞれ対応の仕方、声のかけ方、車いすの押し方、

点滴の支柱台の押し方も違います。

なるほどな~と思いながら、見ていました。

患者さんたちは、それぞれの学生にここが良かった、こんな風に感じたと

感想をその場で伝えます。

当然ながら、学生の方がずっと緊張するわけで。


私は茶話会の準備で、先に戻りましたが、

帰ってきた患者さんたちは、すっごく貴重な体験が出来たと

ものすごく喜んでいました。


再発治療中の患者さんや、まだ治療が終わって1年ほどの患者さんだったので、

大丈夫かな?つらくならないかな?と心配していましたが、

すごいですわ。うちの会員さんたちは。

自分たちが出来ることがあると、喜びに変えていき、

生きる力にしていきます。

あっぱれ。


みんな、そんな人たちじゃなかったから、

私は、ただただ、驚いています。

人は、変われるんだな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント