12/18(水)らふな茶話会

IMG_1571.jpg

この顔は誰?

って思いましたね?


神戸市看護大学 准教授 小山富美子さんが

来てくださいました。


小山さんは、ベテランのがん看護専門看護師で、

私が患者会を始めた時からの10年を超えるお付き合い。

市立池田病院にいらした時に知り合い、

近畿大学医学部附属病院のがん相談支援センター時代には、

とーーーーってもお世話になり、患者さんのことをお願いしたり、

また逆に相談されたり。

今は、神戸市看護大学に在籍され、

私は今年もがんプロの講師として呼んでいただきました。

二人で話し出すと止まらない、いろんな話をするのですが、

サロンへ来てくれたのは実は初めてで、小山さんにとっても

念願の訪問だと。


目的は、来年2月29日に(土)小山さんがボランティアで所属している

がん患者支援団体「どうするBOKS」主催の市民公開講座に、

らふの会員さんが登壇するから。


で、看護学校から戻った二人がその役を引き受けてくれました。

どんだけ、活躍するねん?って話ですけど。


「やれることがあるなら」と受けてくれました。

ほんと、感謝でいっぱい!と小山さんもすごく喜んでくれました。

どうするBOKSさんは、弁護士や司法書士、税理士や社労士など士業の方が

たくさんおられ、就労支援などの相談に乗ってくださいます。

そこに、がん看護専門看護師であり、がん相談をずっと受け続けている

小山さんが加わっているので、心丈夫です。

で、がん体験者として私たちが時々ご協力させていただく、という

良い関係を持たせていたただいています。


そういえば、小山さん経由で、新潟の患者さんの相談があり(笑)

どこから、どうなってたどり着いたんだろう?と思いながら、

私も対応させていただいたのですが、

皆さん、本当に聞くところ、話すところがないんだな~と

二人で話していました。


臨床経験も、相談経験も豊富な看護師さんであり、

いろんなことを一緒に考えてくださいます。


こんなナースがらふの会員として、つながってくださっています。

ほんと、心丈夫。

IMG_1572.PNG


らふには、こんな信頼できる人、聞くところがあるから、

心配なことはご相談くださいね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント