明日4/7(火)「緊急事態宣言」を受けて、今後のらふの活動について

明日4/7(火)東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、兵庫、福岡を対象に

【緊急事態宣言】が発令されます。

海外のような、ロックダウン(都市封鎖)にはなりませんが、

「生活に必要な場合」を除く外出自粛要請

学校や映画館、百貨店などの使用制限、停止の要請・指示

イベント開催の制限・注意の要請・指示など、

強制力はないものの、さらに私たちの気持ちを引き締めて、

「自分の身を自分で守る努力」

「他人に迷惑をかけない努力」

が必要とされます。

以上を受けて、らふでは、個別相談のみ対応し、

「茶話会」他、人数、時間等制限を設け活動していましたが、

今回しばらく活動を休止します。

但し、ご相談は電話、メール、LINE等で受けてます。

また、ウィッグの試着など、サロンにお越しいただく必要のある場合は、

お話を伺い、感染予防はしますが、納得いただいたうえで、

手洗い、うがい、マスク着用にてお越しいただき、対応させていただきます。

どうしても大阪市内までウィッグの試着等に行かなければいけないけれど

出来るだけ人ごみは避けたいという患者さんの気持ちを十分理解しています。

なので、当方も出来るだけ対応させていただきたいと思っています。

まずは、電話にてご相談ください。


今回の緊急事態宣言では、緊急事態宣言の仕組み

強制力を発揮できるのが、

随時医療施設を開くための土地、建物の同意なしの使用、

医薬品や食品の売り渡し(応じない場合の収用)

となっています。



マスクや防護服など、本当に医療現場で困っているところへ

優先的に届けられるようになります。

国民になぜ布マスクが2枚配布されるのか?について書かれたものがこちら。


なぜ布マスクが2枚なのか?


もう、医療現場が大変なんです。

実際、私たちの近隣のクリニックや訪問看護ステーションなどにも

厚労省からようやくマスクが届いたようですが、

やはり枚数も少なく、十分とは言えません。消毒液もありません。

それでも、皆さん必死で現場で感染しないように、感染させないように

出来る努力をされています。


マスクもこのリンク先に書いている通り、一般市民まで配布できるほど生産量はなく、

それほど、生産が追い付いていないのです。

一般市民は、布マスクを手元に置き

洗って使うこと。そもそも出歩かなければ、マスクをする必要はありません。

本当に必要な医療者にこそ、サージカルマスクが行き渡らなければいけません。



それでも、足らないので、供給がされるようになるまで、

私は布マスクを作り続けようと思います。


「蓮尾さん、マスク足らん!」

と言われたら、医療者に、介護職に、患者さんに、お渡しできるように。



既に700枚を作り、600枚近くを配布しました。

どうか、医療者や本当に必要な人に、サージカルマスクが届きますように。

医療者が自分の身を守りつつ、感染者の人たちのいのちを守ってもらうように

私が出来ることは、マスクを作ることくらいですが、

生きているうちに出来ることは何でもやろうと思っているので、

とにかく、サロンにこもって、一人作ります。


蓮尾の体を心配してくれる仲間が、手伝うよと言ってくれていますが、

この1か月は、一人でコツコツ作ろうと思います。

時々、ブログやFacebookでアップするので、見てくださいね。



だから、皆さんもがんばろうね!

千羽鶴のように、

マスクを作り続けます。



みんな、頑張れ~


蓮尾も頑張るぞ~~~~~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント