1/17(日)前立腺がんオンライン市民講座

IMG_5285.JPG

岸和田徳洲会病院 泌尿器科部長 ロボット手術センター長 西畑雅也先生をお迎えして、

サロン参加とオンライン参加両方での市民講座を開催しました。

IMG_5282.jpg

先生の趣味が和服。ということで、

この日もおしゃれにお着物でお越しくださいました。

サロン以外、お家で参加してくださった皆さんには

全身が見えなかったかもですが、こんな感じでした。(笑)

IMG_5281.jpg

とってもわかりやすいスライドに、

ダヴィンチというロボットを使っての手術の様子を

動画で見せてくださいました。

サロンで見ていた私たちもそうでしたが、

その様子を食い入るように見ましたが、

出血も少なく、なんと上手に電気メスや針を使えるんだな

なんて感心してい見せて頂きました。

前立腺がんの手術は、この徳洲会病院では、

ロボット手術で行われており、開腹手術はしないのだそうです。

放射線治療もIMRT(強度変調放射線治療)等で受けることが出来、

ホルモン治療と合わせて、いずれも体への負担が少なく、

また長く付き合える病気なんだなと感じました。


前立腺がんは、血液検査でPSA(前立腺特異抗原、prostate-specific antigen)の値で

見つけることが出来る検査なので、

60歳を過ぎたら、検査を受けることをお勧めするとお話されました。

このブログをみてくださる方は、ほとんどが女性かもしれませんが、

ご主人に検査を勧める時に、「血液検査を受けることがあれば、

『ついでにPSAも調べてほしい』と言えば、一緒に調べてくれるらしいよ」と

ひと声かけるだけでも違うのではないかと話してくださいました。

簡単に血液検査でわかるなら、「わざわざ」ではないので、受けられると思いますね。

また頻尿で困っている、という方は、前立腺肥大の疑いがあるので、

是非受診されることを勧めますと質疑応答の時に話してくださいました。


サロンでは、チラシを見てくださって参加してくれた当事者の方もありましたが、

ほとんどがご主人や家族を心配する女性参加でした。

でも、皆さんとっても熱心に質問も活発で、

「医師に病院以外で気軽に聞ける講座」としてとても良い機会になったのではないかと

感じました。

全員で10数名のセミナーで、らふらしいこじんまりとして、ざっくばらんな、

楽しい講座となりました。


ご参加いただいた皆様、どうも有難うございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント