一般社団法人全国がん患者団体連合会さんの「がん教育外部講師のためのeラーニング」をうけました。

IMG_3747.jpg

表題の講座を受けました。

Facebookで少し前にこの講座を知って、

先日受講された方からいろいろお聞きして、

一度受けてみようと試みました。



素晴らしい講座内容で、びっくり!

そして、なかなか難しい。

テストが1項目ごとにあるのですが、

一度に満点を取るのは難しいです。

なめてました。ごめんなさい、です。


8つの講座を全て受講して、

講座ごとに終了時にテストがあり、

それら5問全てに解答出来たら、

修了証が発行されます。

私も頂きました。


でも、とても大きな学びになりました。

私自身、大阪府教育庁から、

大阪府がん教育にかかる連絡協議会の委員を拝命されており、

がん教育をどう進めるか?も含め、

外部講師のリストアップに関わっています。


外部講師は、医療者と体験者、家族からリストアップすることになっていますが、

さて、体験者をどのように選ぶのか?

とても悩んでいました。


この講座を受けてみて、

「教育」として、児童生徒に対して伝えるために、何を知っていたらいいのかを具体的に教えるものでした。

私が悩んでいたことを払拭してくれる講座で、

科学的根拠に基づいた理解を狙って、がんの知識を伝える「医療者」

子供たちのことを理解し、授業の主体を担う「学校教諭」

健康や命の大切さを伝えるのは「がん体験者」が

それぞれの得意分野を共有し、児童生徒に伝えるために、

自分たち体験者が何を伝えたらいいのかが理解でき、

何に留意すればいいのか?配慮すべきことはなにか?

どんな風に話すのか?など、とても分かりやすく説明されていました。


らふの仲間にも、体験者として話してもらえたらと思っていますが、

この講座を受講してもらってからにしようと考えています。


気になる方は、是非一度受講してください。

テストは何回でも受けることが出来ます。

資料もダウンロードできます。

是非、トライしてください。

一般社団法人全国がん患者団体連合会




"一般社団法人全国がん患者団体連合会さんの「がん教育外部講師のためのeラーニング」をうけました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント